【沖縄県】名護岳にも挑戦してみた!

 

最近、断捨離にハマってます。
土日に掃除をするのが、一番の至福(⋈◍>◡<◍)。✧♡

こんにちは、Amiです★

いろいろ捨てすぎて、最近「あれ、どこ置いたかな?」状態が続いておりますが。
それでも、持ち物を少なくするっていいですよね。
無駄に置いていたものを処分したり、リサイクルに出したり。
お陰で、風の通りが例年に比べていい気がします。

 

さてさて今回は、前回の続きです。
石川岳に続き、名護岳にも登ってきました!

今回は名護岳のレポートです。

名護岳に登るなら、まず名護青年の家を目指します。
私たち、最初から失敗しました・・・

オリオンビール工場の方から登って行ったのですが、道の途中でがけ崩れか何かで工事中になっていました。
そこから先は車の侵入禁止だったのです(*_*;

え・・山に登る前から歩くのかよ・・(心の声)

心の声がたびたび口に出してしまい、彼氏がなだめてくれました。

だって、「ノッポ椰子の広場」のところに車を置いて、そこから歩かなくちゃいけなかったのです(地図を見ていったらありますよ)

別の道があることは知らなくて、青年の家に着いた時車がたくさん停まっていることにドッと疲れました。
なので、事前にちゃんと調べてから行った方がいいと思います。

やっと名護青年の家に着きました。
でも、もうちょっとヘトヘト気味・・・(´・ω・`)

この青年の家に入って左側に受付があります。そこにある登山名簿に名前、住所、入山時間などを記載して、地図をもらいます。

名護青年の家のHPからスクショしたので見にくいですね。きちんと見たい方はコチラからどうぞ♡

石川岳もそうだったけど、コースがあって、自分の体調や天気などによって決めたらいいかな~と思います。
私たちは、地図で黄色のAコースを上がって、東屋がある⑤からピンク色の沢コースを上がり、登山道入り口⑧を経て頂上を目指すコースに決めました^^
実は、石川岳と名護岳連チャンで登ったので、キツかったら途中から戻ってもいいかな~と思っていました。
石川岳があまりにキツかったこともあり、しかも青年の家まで歩いて登って行ったこともありすでに疲れていたからです。

私たちが登り始めた時、上から降りてくる高校生?野球部と思われる元気いっぱいの男の子たちが降りてきました。
「こんにちはー」と声かけてくれたので、「頂上、キレイでしたか?」とちょっとおしゃべりしてテンションを上げました。笑

 

さて、コースの分かれ道。
私たちはAコースなのでABコースと書かれた方向へ。

昨日の石川岳とは違い、歩きやすい道でした^^
ホッ。

すごい癒される景色ばかりです。

マイナスイオンたっぷり。
かなり癒されます。
Aコースは東屋があるところまでなのですが、そこから沢コースというコースで頂上を目指しました。下の写真のちょこんとした家が東屋です。


沢コースは降りたり、登ったりのコースです。
体力に自信がない私でも登れたので大丈夫だと思いますが、心配な人は道路から上がっていく手もあります。
楽をしたかった私は、ちょっと道路の方に心が動きましたが、でもあえて登ることを決意しました!
せっかくここまで来たしね!
ちなみに、道路はこんな感じです。

登りやすそうでしょ?

沢コースの入り口↓
余談ですが、彼はちょっと休憩したいと言って休んでいました。
なので私は一人で先に沢コースを降りていきます。

そしたら、急に頭痛が・・。

最近、墓地とか聖地とか行くと頭痛がするのですがそれと同じ頭痛が始まりました・・。
後ろから来た彼が、「ここ、空気が変わった」と言うのでやっぱり何かあるのかな~という感じでした。

沢コースは、これまでの道より少しアップダウンがあるけど、私でも大丈夫な道でした!
川の側を歩いたりするので、水の音に癒されました。

窓口の方に「頂上を目指す場合は⑧を見失わないよう、気をつけてください」と言われました。
見失うと、隣の山へ向かっちゃうのだとか。
大変だ!

名護岳けっこう楽勝だな~♬と思っていましたが、⑧の「登山道入り口」から雰囲気が一気に山になりました。
かなりの山具合。急な斜面+ロープのセット。
今までのが何だったんだ!と思うくらいの山具合。
登るのに必死で、写真が全部ブレブレでした。
しかも、変な毛虫もた~~くさん。
私は毛虫とか大丈夫だけど、彼が「うわ~~」状態でした。笑

そんな急斜面を降りてくる老夫妻がいました。
「あともう少しですよ~」と励まされ、彼にも介護ばりにサポートされながら、何とか頂上に到着っ!!!

この日は少しモヤがかかっていてきれいに見えませんでしたが、それでもすごく良い景色だった~♡♡

そこから下山です。隣の山を通りながらの下山。
ほとんど階段なのですが、階段の幅が高い。腰にくる~!という感じでした。
しかもそこで滑ってしまい、ガケから落ちそうに見えたらしく彼が必死に救出。
本当、今回の登山では彼の力強さに支えられました。
私がブーブー文句言ったり、きつくてもう歩けない・・といった時には、「君の名は。」の曲をかけてくれたり。
「がんばれ~」と言ってくれたり。
自然の中にいると、彼は何か元気が出るみたい。

山から出たところで、さっき頂上付近で会った老夫婦に会いました。
2人は、時間があるときに沖縄中の山を一緒に歩いているんだとか。
お弁当持って、ピクニックしてるんだって。なんてステキな夫婦なのかしら。
あの山おススメだよ、この山もおススメだよ~という長話しをして、お別れしました。
この2人は名護の方って言っていたけど、私たちの住む地域もよく知っていると話していました。

山登りって、ただキツイだけかなーって思っていました。
GWで人が居ないところに。ということで山登りをしようと思いついたのですが、すれ違う人たちみんな声かけてくれるしすごく楽しかった~。
行くときの私のテンションの低さと、終わった後のテンションの高さに、苦笑されました。

でも、たまには人のいないところでゆっくりと時間を過ごすのもいいかも♡
良い運動になったし。

 

ちなみに。
家族連れだと名護岳がおススメです^^
東屋のところが広い原っぱになっているので遊べるしね。
どこの山でもそうですが、雨降りの時には絶対に行かないでくださいね。
特に名護岳は、沢コースから川の側を歩いたりします。
水かさが変わってくると思うので、くれぐれも無理はしないでください。

2日間、山歩きをした私たち。
せっかくのGW旅行だし、遅くまで起きて愛を語り合う・・
とはほど遠く、帰って即、爆睡でした。
ご飯を食べに行く力もなく、最後はほか弁だったし。笑
でも、この日はあの例の宿泊先に宿泊したので、私は眠れなかったけどね!

 

後日、彼に聞いたら「なかなか疲れが取れなくて、月曜日からもグロッキーだった」そうです。
ごめんね。
それでも文句も言わず、登山旅行に付き合ってくれて感謝。
登山に慣れていない方は、翌日のことも考えてのスケジュールを組んでくださいね。

登山話にお付き合いくださり、ありがとうございました♡

スポンサーリンク

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です