【オススメ映画】コララインとボタンの魔女

こんにちは!
今日から9月、いよいよ秋が近づいてきましたね。
沖縄は11月頃まで夏が続きますが、気持ち的には秋を感じたい今日この頃。
今日は、今一番好きな映画をみなさんにご紹介します♡

 

今日おススメするのはこの映画💛

コララインとボタンの魔女

です♡

amazonプライムを利用しているので、映画を無料で観ることができるのですが、一か月半くらい前かな?
この映画が無料で視聴できるというメールが届いていました。

映画って、当たり外れが大きいので最近はあまり観ていませんでした。
やたらと濡れ場が多かったり、暴力的なシーンが多かったり。。。そんな映画を観ると疲れちゃうのです。
なので、子ども向けのものばかり観ていました。

そんな時に出会ったこの映画!!

子どもが観るにはちょっと怖いかもしれませんが、内容がとても面白いです^^
とても好きになって、実はもう50回以上観ています。
多い時には1日5回、流しています。笑
出勤時はもちろん、家事や自室で何かする時にも流していて、もうもはや画面は観ていなくても流している、そんな映画になりました。

おかげ様で、英語のセリフを覚えたりと良い英語の勉強にもなっています。

映画の内容はこんな感じです↓

11歳の少女コララインは、引越ししたばかりの家で、封印された小さなドアを見つける。それは、驚くべき“もう1つの世界”への入り口だった―。ドアのむこうでコララインを待っていたのは、花が咲き誇る美しい庭、心踊るサーカス、そしてコララインの願いを何でも叶えてくれる“別の”ママとパパ。ただ1つ奇妙なのは、ママもパパも目がボタン…。ここが気に入った?ずっ と居ていいのよ。ただ1つだけ条件があるの。目をボタンにしましょう…。」次第に明かされる、別のママの恐ろしい秘密。コララインは慌てて現実の世界へ逃げ帰るが、本物の両親は姿を消してしまっていた…。

コララインの声を担当しているのが、あのダコタ・ファニングです♡
「I am Sam(アイ・アム・サム)」に出ていた、あの子なんですよ奥さん!

ね、この写真見おぼえありませんか?

ダコタ・ファニングが声を担当したと知ってビックリ。とても上手なのです。
もちろん女優ですから上手なのは当たり前かもしれませんが、演じるのと声をあてるのとではまた違ってくると思うのです。
でもものすごく上手い。
声とキャラクターが合っていて、それもとても好きな点です。

また、映画の中で流れるボタンの魔女の鼻歌が、ふとした時に口ずさんでしまうようなメロディーで、それも良いのかもしれません。
落ち着いて観れるし、ハラハラドキドキな感じではありません。
ハラハラしたい人にはちょっと物足りないかもしれませんが、私のように暴力的なものが嫌な人には合うと思います^^

あまりにも好きすぎて、原作も読みました。笑

ただ、原作とは少し違っているので、私は映画の方が好きです。
amazonプライム会員の方は、ぜひ観てみてください。今なら無料で観れますよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

週末映画、ムービーナイトに、ぜひご覧ください!
とてもおススメです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です