生きづらさの正体はHSPでした

みなさん、こんにちは!
今日の沖縄、すっごく暑くて車ではクーラー付けました。笑
いつもこの時期から寒くなるのに、今年はいつも以上に温かい冬になっていますね。
私は急いで布団、シーツを全部洗濯しましたよ。
とても良い洗濯日和な今日です。

 

実は、昨年から悶々としていたことがありました。
彼と今後の仕事について話した時のことです。その時は、「この業界は今後無くなっていくから別の仕事を探さないといけない」とかそんな話をしていました。その時に、そんな話をしたにも関わらず「じゃあ次どんな仕事がしたいの?」という質問に、答えられない私がいました。

そして年末のこと。
「今年頑張った自分にご褒美をしよう」と彼と買い物に行ったのですが、欲しいものが全く浮かんできません。
すると彼にこんなことを言われました。

「Amiは友達や家族が困っているのを察知して、その人が欲しい言葉とか、欲しいものをわざわざ遠くまで行って買ってくるのに、『これ自分に買ったんだ』っていう話、全然ないよね。いつも人のことばかりしてるよね」

確かにそうなんです。
友人Aが今、何に興味があって、どんな本を読んでいるのかはよく知っています。
友人Bが今どんな悩みを抱えているのかもわかるし、意見を求められたとき、「きっとこんな言葉で背中をおされたいんだろうな~」というのもわかるのです。
でも、私が今何がほしくてどこに向かっているのかだけはさっぱりわからないのです。

だからストレングスファインダーで自分の強みを調べてみたり、いろいろな本を読んだりしていました。
自分を振り返るため、ノートに自分の歴史を書いたり、得意なこと、やりたくないことを書いたり。そして自分の最近の行動も振り返ってみました。これは最近の行動をまとめたものです↓

スポンサードリンク

・土日のどちらかは家から出ないといっぱいいっぱいになる。
・休日は、カーテンを閉め切ってボーっとしたりすることがよくある。
・自分の意見よりも相手の意見に流されてしまう。
・「この人苦手!」と思っている人と話したとき、ドッと疲れてしまって翌日寝込むことがある。
・相手の顔色、態度などで空気が読めてしまい、気を遣う。
・人より仕事を多くしていて、常に疲れ切っている。
・人に褒められても「そうかなー」としか思えない。
・人が好きだけど、日々人といると疲れが半端ないので会う人を選んでしまう。

これを書いたとき、「やっぱり自分の今の状態はおかしいのかも」と思ってネットで調べてみました。

それで読んでみたのが『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本』です。

 

アマゾンプライムに加入している方は、今は無料で読めますよ^^
この本、最初から最後まで全て当てはまりました。
もうね、「あぁこの方、私のことを分かってくれている・・!」と思ったぐらいです。

その後、念のため「HSP診断テスト」(無料で受けられますよ)を受けてみましたが、やっぱりそうでした。
でも「あぁそうか、私って人よりちょっと繊細に物事を考えるんだな」と分かっただけでも、気持ちが楽になりました。

HSPはHighly Sensitive Personの略で、繊細な人のことを指す言葉です。病名ではありません。
上で紹介した「HSP診断テスト」ページから、HSPの優れた能力と苦手なことを簡単に書き出してみました↓

 

HSPの優れた能力

①人に共感する力が強い
聞き上手、気配り上手になりやすく相手が自分を理解してくれたと思われることで好感を持たれたり、感謝されることもある。

②深い思考ができる
1つの情報からでも考え出される数は時に膨大で整理が追い付かなくなる。

③身体の様々な感覚能力が高い
光、音、においなどに非常に敏感。ほかの人が何も感じないこともでHSPの人は不快に思うことがある。

④危険意識が高い
言葉を発するとき、行動するときに慎重になる。複数のパターンをあらかじめ想定し、不慮の事故を避けたりすることができる。

⑤内面のエネルギーが強い
よく「おとなしい」とみられるが、実際は非常に感情や想像力が豊か。

 

HSPの苦手なこと

①雑談、会話
HSPは言葉を選ぶ。相手が不快に思わないか、今どういう気持ちなのかを深く考えすぎてしまう。

②頑張りすぎる
HSPは常に自信がないので、その不安を隠すために優秀でいようとする。しかしこれがうつ病につながることもある。

③罪悪感を抱きやすい
他人に何か些細なことをしてしまったとき、HSPは深刻に受け止める。「あの人は今、とても傷ついている」と思うと、同じ気持ちが心に沸き上がり、過度の罪悪感を抱いてしまう。

④怯えがち
行ったことのない場所、経験のないことをするとき、慎重で想像力が豊かなため良い事以上に悪いことが起こる可能性も考えてしまう。

⑤怒りと争い
繊細な神経を大きく乱される恐れがあるため、怒りや争いを好まない。

スポンサードリンク

 

 

人よりちょっと過度に傷つくな、物事を考えすぎだと言われるなぁとかいろいろと当てはまる点が多すぎて、逆にしっくりきました。
紹介した本の中でも特に納得がいった箇所があります。

それは「自分の得意なことに気づかず、苦手の克服に注力している」ということです。
『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本』では、頑張りには2種類あって、苦手を克服する頑張りと得意を克服する頑張りがあるんだとか。この「苦手を克服する頑張り」という言葉を見たときにすぐにピンときたのがこのブログでした。観光者向けにやってみようと頑張ったけど、結局苦手なことだったのでブログを触る回数が減ってしまいました。頑張っても頑張っても自信が持てないままで、結果放置していました。

これからは「得意を克服する頑張り」に向かいたいと思ったので、ブログの内容を変えようと思い立ったのでした。

「自分のやりたいこと」が見つかったわけではありません。
「自分のやりたいこと」を思い出すために、自分の意見を少しずつでいいから人に伝える努力をしようって思いました。
そう決めました。意見や考えを心に秘めたままにしない。

私のように傷つきやすい方、自分って本当は何がしたいんだったかな?と立ち止まってしまった方、ぜひ一度この本を手に取ってみてください。
『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本』の内容については、ちょこちょこ紹介できたらなぁと思っています。

日々、悩むこと、考えることもありますが、できれば人生の8割ぐらいは笑って過ごしていたいですね。

それでは、今日も1日お疲れさまでした!!

スポンサーリンク

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です