【無職4日目】ナンパしてきた人について行ってみた

こんにちは、Amiです。

今朝はウォーキングがてらにちょいちょい通っている大型ショッピングセンターへ行ってきました。無職だからって生活リズムは崩したくありません!

だからできるだけ仕事をしていた時間には、外に出たりと活動するようにしています。

ウォーキングして久しぶりにブラブラして満足して車へ向かおうとしたとき、「Excuse me」と声をかけられました。

見ると、大きな黒人さんが立っていました。

何か困っているのかも、、と思いつつ、「英語はほんの少しだけしかできない」と言って去ろうとしたら、引き留められてダダダダーと話をされました。

「彼氏はいる?」とかいろいろ聞かれ、「いる」と答えたけれど、グイグイグイグイくるし、「できればお昼を一緒に食べよう」というので、押され押されて、ご飯を食べてきました。

これがナンパか、、、と思いつつ、つたない英語でいろいろ話していると、これまで彼女がいた経験がないそうで、本国でもバレンタインを女性と過ごしたことがないんだとか。

原因は絶対、ゲーマー(ポケモンオタクのようでした)なところじゃないかなぁと思うんだけど、まぁ趣味があることは良い事だしね。でも、ポケモンGoを熱く語られても全く理解ができなかったわぁー。言葉も難しいし。笑

「沖縄そばを食べたことがないから、今度連れて行ってね」とか、「日本語のメニューが読めるようになりたいから、日本語おしえてね」とか、そんな話をしました。

「なぜ私に声をかけたの?英語が話せそうと思った?」

と聞くと、「わからない。ご飯を食べようと思ったときに目の前にいて、声をかけてみた」とのこと。

ナンパって、こんな感じなんだなぁ。でもすごいよね、見ず知らずの人にさ、下心とかあっても声かけるのって緊張しないんだろうか、、

ご飯中、「今、どう感じてる?」と聞いたら、「甘い時間」だって。

うゎっっっ!!

さすが!!こんな言葉もサラッと言うなんて!

というか、ナンパだからね。笑

話を聞くと、本国にいる家族が恋しそうな感じでした。

そして末っ子でした。

なぜか末っ子を引き寄せるので、日本人だけじゃなく外国人の末っ子も引き寄せるのかぁ、、と新たな発見にもなりました。

言葉や文化が違う国に一人で仕事に来るって、確かに大変だろうなぁ。。

私とご飯を食べたあとは、アメリカンビレッジに行ってアイスクリームを食べるんだと楽しそうに話していました。

最後に、「僕のこと、気に入ってくれた?絶対にメールしてね、約束だよ」と指切りされ、去っていきました。

何かホームシックな寂しそうな子(たぶん年下)だったなぁ。

ナンパな割に、おとなしい人だったし。(私が英語できないからか)

あんなにグイグイきてたのに、家族の話になったとたんシュンとしてたし、女性の扱いに全く慣れてない感じだったし。

一人暮らしって言ってたから、誰か(女性)とご飯を食べるってことをやってみたかったんだろうなぁ。

たっかいステーキをご馳走になってしまい、無職の私としてはちょっと申し訳ない気持ちになりました。

無職期間中は、これまでやってこなかったことにチェレンジしようと思っていたので、これも一つの経験ということで。

無職4日目は、新たな出会い(外国人)があった1日でした。

さてと、現実に戻って、家事とGoogle Search Consoreについて調べることにします。

スポンサーリンク

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です