過去の栄光に囚われないためには

 

 

こんにちは、Amiです。
先週末から小室哲哉さんの記者会見の様子が、いろんなメディアを通して発信されていますね。
小室さん自身もインスタやTwitterでご自身で発信されています。
実は私、小学校の時には小室ファミリーが大大大好きでして・・小学校の文集に「小室哲哉を超える作詞家になる」という、恥ずかしいことを書いてしまうくらい小室さんの音楽にぞっこんloveでした。

久しぶりに小室さんをテレビで見て、昔見ていた目の輝きとか、声の張りとか、雰囲気から出ている「自信」のオーラがあまり無く、寂しくなりました。
あの時代、どこに行っても小室ファミリーの曲が流れていましたよね。
安室奈美恵さんが小室ファミリーになってからは本当に嬉しかったし、小室さんが上と下にあるピアノ?を両手で弾いてるのみては憧れて。

かっこよかったよな~~、本当。

今回のニュースを見て、一つ思ったことがありました。
それは「過去の栄光」です。過去の栄光ほど邪魔なものはないよな~って思いました。
小室さんのTwitterだったかインスタだったかで「過去の栄光に囚われていた」、みたいなことが書いてありました。

それを見て、「自分もそうだったな~」って思いました。
過去に大きな結果を残したり、大きく評価されたりするとさ、その時の感覚が強く残っていて、
それが自分の自信にもなるんだけど、考え方によってはずーーーっとその結果に囚われることになります。

 

きっと前みたいにうまくいくはず。
だってあの時もそうだった。
だから大丈夫。

小室さんの言葉を見て、数年前にそんな気持ちになって必死にもがいていた時を思い出しました。
どれだけ頑張っても前のような結果を出せず、一人悶々としていました。

 

まだやれる。
だって前できたもん。
みんな私に期待してるから、もっと頑張らなきゃ。

って。

 

でもね、気づいちゃいました。

 

時代がもう違う

 

 

って。

あの時だったからできたことなんですよね。
あの時に、あの条件がそろったからできたこと。

だからね、今も過去の栄光(出来事)に囚われている人に伝えたい。

もう時代が違うから、今の時代に合わせて生きてもいいんだよ

って。

 

なかなか過去の栄光を忘れる、切り離すって難しけど、それに囚われて身動きできなくなっている時間がもったいないよ。
過去は過去と割り切って、今を生きる努力をしましょう。

 

そしたら、きっと違う景色に会えるはず♡
急に気持ちを切り替えるのは難しいけど、過去は過去と割り切ること。

これがとても大事だったりします。

だから小室さんも、今を生きてほしいなって思いました。(不倫うんぬんは置いといて・・)
あんなステキな曲を作り続けてきた人だから、また違う形で人に何か良い影響を与えるんじゃないかな^^

過去は変えられないけど、未来は変えられる。
よく聞く言葉だけど、その未来を変えられるのは自分自身。
自分の人生に向き合うこと、過去ではなく未来をみること。
私自身、今の自分を変えたいから、未来を考えてブログを書いています。
まとめるのが難しいけど、小室さんのニュースをみて、そんなことを思った週末でした。

 

もし、あなたが過去の栄光に囚われていたら、もう時代が違うということに気づきましょう。
そして過去を切り離して、今を生きる努力をしていきましょう。

一緒に頑張っていきましょうね♡

スポンサーリンク

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です