人の評価

こんにちは、Amiです。

先日、ステキな言葉をかけていただきました。いろいろ悩んでいる私は、その言葉にも背中を押されて、何だかその方が好きになりました。自分って今何がしたいんだろう?何しているんだろう?と立ち止まってしまったあなたに、この話をお届けします。

 

先日、とある上司と飲みに行く機会がありました。といっても、なかなかお会いすることができないくらいの人。職員みーんな緊張気味。この飲み会はイベントの打ち上げを兼ねていましたが、イベント担当者が「参加者が少なかった」と、とても落ち込んでいたことでいろんな話になりました。

 

すると、いつも怖い顔をしていた上司がこう言いました。

 

「数が大切じゃないよ。大切なのは参加した人が満足して帰ったかどうか。これを大切にしなさい」

そうでした。本来のイベントってそうだったよね。誰かを笑顔にしたい。「良かったね」って言ってくれる時間を提供したい。そんなことを思っていたはずが、いつの間にか人の評価(数)にばかり目がいってしまい、担当者になると楽しめなくなってくる。「あれをやりたいな~!」から、「あれもやらなきゃ」と気持ちも変わってきてしまう。アイディアも生まれにくくなってくる。だって、「やりたい」から「やらなきゃ」に変わってしまうから。

 

他にもね、たくさん良いこといっていたのです!

 

自分の価値観で生きる。

自分の評価は自分で。

人に何か言われても、鈍感力で気にしない。

自分の道を行っていい(ただし、独りよがりではない)。

人生自己実現。自分の成長を感じて人生を喜ぶ。生まれた時はゼロなのに、こんなに成長できたと感じる大切さ。

人と価値観は違う。だから人の価値観は否定しない。全部正しいけど、自分はこの価値観を選ぶ、ということ。

孤独は王道。昔、自分は我が道を行くタイプだったから一人だった。でも今はこうして人の上に立つことができた。だから孤独は王道。自分の道を突き進め。

答えを選べる社会は素晴らしい。たくさんの選択肢がある中で、選ぶのは自分。正解は1つではない。

人に相談されたとき、「好きなようにやれ」としか言ったことがない。人の人生を指図しない。

 

飲み会なのに、こんなに良い言葉のオンパレードでした。私がグッときたのが、「人生自己実現」と「孤独は王道」。何かわかるなぁ。

 

「この仕事をやっていたら誰かに何か嫌なこと言われたりしませんか?そんなとき、どうやって気持ちを落ち着かせていましたか?」と聞いたら、「鈍感力って本当に大事だよ。人に言われたことを気にしていたらしょうが無い。人には出来ても僕にはできないこともあった。だから僕は聞き流す、という鈍感力は持つべきだと思うよ」と。なるほど。

今の時代って、いろんな情報に溢れすぎていて、生きづらさを感じることがあります。Instagramやfacebookで簡単に人の生活を見ることができる。だからそういったものを見てしまうと、自分の生活と比べたりして落ち込んだり。そういのってSNSの罠だったりもするんだけど、人のことばかりを見て、自分を見落としていたことに気づきました。

情報って確かに大切。でも、見なくていいこともある。人のことばっかり見てないで、自分のことをまっすぐ見なきゃ。

 

私にはあとどれくらいの時間が残ってる?

1年後はどうなっていたい?誰と?どこで?

日々の忙しさの中で忘れがちだったけど、たまにはゆっくりと「今の自分」と向き合う時間。今はこんな時間を大切にしています。

スポンサーリンク

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です