【沖縄県】石川岳、予想以上に大変だった!

たまには立て続けにブログ更新も♬

こんにちは、Amiです。
このブログ、沖縄のことを発信することを目的としていたのにいつのまにやら私の日記ブログと化している・・。
ということで、たまには沖縄情報を。

 

GWに、うるま市石川にある「石川岳」に登ってきました!

石川岳に登るには、「石川青年自然の家」に向かいます。
車を石川青年自然の家の駐車場に停めて、自然の家の事務所に行って名簿に氏名、住所、入山時間を記入します。
窓口に名簿が置かれているので、すぐにわかると思いますが駐車場から事務所まで少し離れているので注意してください。

駐車場はこんな感じです。
駐車場の後方に山が見えますよね。
この山を見て、「え~、めっちゃ楽勝そう♬」と思った私がバカでした・・。
甘く見てましたわ・・

 

名簿の記載を終えたら、いよいよ登山です♡
地図も窓口でもらえるので、必ずもらってから登りましょう。

登り始めはこんな砂利道です。
でも、ゆるやか~な坂道って結構くるんですよね、足に。
運動不足気味の私には、かなりきました。
この入り口から、すでにブーブー文句。彼氏に八つ当たり。私が「石川岳登ろう」って決めたのに。
彼氏にも「まだ入り口だよ」と言われながら、登り始めました。

え、これからが入り口?
もうすでにバテてますけど・・・

最初は鼻歌うたいながらルンルンでしたが、すぐにバテて彼氏へ八つ当たり。笑
「登山道入口」を少し進むと、すぐに急な斜面にぶつかりました。
たまたま、私たちの前に家族ずれが登っていたのですが、子どもが「嫌だ~~、怖い~~」と大泣き。
お父さんらしき方が、「先にどうぞ」と道を譲ってくれました。

そして、「すごく急なのはここくらいなので、あとは大丈夫ですよ」と助言してくれました。
その言葉にホッとしたのもつかの間、いや~~、結構急な斜面ばかりでした💦

私の「急な斜面」と他人の「急な斜面」の認識が違うのかしら・・。

家族で行く場合、小学校低学年の子は少し厳しいと思います。
泣いていた子も、小学校低学年くらいの男の子で2回目と話していたけど、斜面が怖くて固まってましたから。

でも、自然の中を歩くっていいな~って思いました。
空気が美味しいし、GWなのに本当にすいていて。

涼風の森♬
ここからは本当に風が涼しくて気持ちよかった~~!
そこを超えると、原始の森に着きます。
そこから進むと、ブランコがある広場があるのですがそのブランコが楽しかった~!

彼がすごくキラキラして、何回もこれで遊んでました。
やっぱり、男の人はいつまでも少年って感じですね。
なかなか、ココから離れませんでした。

何とかブランコ遊びを終わらせて、いよいよ頂上まであともう少しというところまできました!

あと250m!
頑張れ、わたし!!

彼はひょいひょい登っていくけど、私は足は上がらないし、腰も痛くなってくるし、マジおばさん。いや、おばあさんだったわ(汗
彼にも結構、引かれました。

この250mが、とても長く感じました・・・

が、やっと!

やっと!

 

や~~っと!!

到着っ!!!

本当に疲れた。
マジで死にかけた。

でも、このいい景色に出会うと「頑張ってよかった~~」って思いました、かなり!

この日はすごく天気が良くて、海まで見渡せたので良かったです^^

頂上では、中国人観光客が「石川岳」と書かれているハシゴ?の下でご飯を食べていました。。
このハシゴに登って写真が撮りたかった私。
10分ほど経っても、どく気配がないので無理やり登りました。

 

反省点
カバンを持たなかったこと。
身軽がいいかな~と思い、飲み物だけ持って登りましたが、カバンがあってもよかったなと思いました。
飲み物やタオルをカバンに入れると手が空くしね。
他の登山客は頂上でおにぎりとか食べてて、それも良いアイディアだな~って思った☆彡
カバン持ってたら何か食べ物も入れられたのに~と、反省。

登る際には
私たちが登り始めたのが10時です。
頂上まで行って青年自然の家に戻ってきたのが13時半くらいです。
大人の足で約3時間~3時間半くらいかかるコースなので、子どもを連れる場合はもう少し早めがいいかもしれません。
午後から登り始めた場合、日陰とは言え結構暑さで大変です。
なるべく涼しい午前中からの登山をおススメします。
あと、私は車にあった日よけの手袋も使いました。
ところどころ、ロープがあったりするのですが、場所によっては木を伝って登るところもありました。
運動が得意だと手袋はいらないと思いますが、山登りに慣れていない場合は手袋があった方がいいと思います。
あと、帽子と日よけの服は必須です。
蚊もいるので、ムヒなども持っていたほうが良いですよ^^
石川岳は、思った以上に大変でしたが、すごく楽しかったです。
まぁ・・終わったから言えることだけど。笑

私が滑ったり転んだりするので、彼氏は私の手助け(・・いや、介護かな)に、疲れたようでした。
ごめんね~~~💦
カップルで行く際には、くれぐれもご注意を。

スポンサーリンク

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です