アルコール依存症の家庭で生まれた男性の恋愛観

こんにちは、Amiです。
このブログを読んでいる方はご存知だと思いますが、私の彼はアルコール依存症の家庭で育ちました。
これまでも、彼の家族について記事をアップしているので、興味のある方は参照してください。

実は最近、彼の心の奥底にあった気持ちを初めて知る機会がありました。
今日は彼の心の病、心の問題について書いていきます。

 

 

・家族のアルコール依存症
彼の家庭では、父親がアルコール依存症でした。最近私なりに思うことは、父親がアルコールに走っていったのは、彼の母親の言動も理由の一つだと思っています。それは、母親が仕事に明け暮れ子育てをせず、すべてを父親にさせていたからです。それは現在も変わらず、母親は常に職場で、父親が家事をしています。
彼の幼少期、父親は朝からお酒を飲んでいました。今でいう飲酒運転で子どもを迎えに行っていたのです。常にお酒を求め、買うお金は母親が工面。依存、アルコール依存などの言葉を知っている方は、「共依存」という言葉も知っているかと思いますが、母親と父親は共依存状態でした。母親は父親の暴力におびえ、子どもを連れて逃げ回る日々。それでも離婚はせず、今でも夫婦です。しかし実際は家庭内別居、みたいな感じです。
家を新築しますが、父親はギャンブルにも走ってしまい借金続き。新築の我が家に住んだのは数年のみでした。父親は浮気に走り、彼が家に帰ると見知らぬ女がいて、台所に立っていたんだとか。彼と彼の姉は怒り狂い、その女を殴って外に出し、母親に別居を提案したそうです。彼、彼の姉、母親は父親を新築の家に置いて出ていきました。その後、父親は金の工面が尽きうつ病へ。最終的にはうつ病の薬を買うお金もなくなったようです。
彼は小さい頃から父親の暴力を受け、失禁したこともありました。でも母親から「男の子だから」と言われ、自分を奮い立たせていたようです。



 

 

・現在の家族の形
このブログを見ている人は知っていると思いますが、彼の姉は最近うつ病になりました。理由は「我慢のし過ぎ」です。幼少時から自分の感情を我慢する癖がついてしまったのでしょう。昨日まで笑顔だったのに、行方不明になって連絡がとれなくなる。数日後に家に帰ってくるとボーっとして仕事や家事などが全くできなくなる。彼女がそのような行動をとり始めたのは2年ほど前からです。彼女は結婚していましたが、数年で離婚、しかし現在でも元旦那のところに子どもを連れて行ったりと仲は良好のようです。しかし子どもを置いて家からいなくなるのは育児放棄ですよね。個人的にはそれが気になるところです。
一方、母親は今現在でも仕事漬けです。とにかくずーっと仕事のことをしゃべっています。常に仕事のことです。子どもが好きな食べ物も未だに知らず、休みの日も家にいることはほとんどないようです。彼女にとっては職場が居場所になっているんだと思います。家にいると家庭内別居の旦那がいるし、その旦那とどう接すればわからない。個人的には離婚したらいいのに、別居したらいいのにと思うのですが、「子どもたちを母子家庭にしたくない」というよくわからない理由で夫婦のままです。子どもたちにとって、仮面夫婦みたいな環境は逆に良くないと思うのですが・・。おまけに数年前から料理は全くせず。常に外食、買い弁です。
父親は、現在はごくごく普通です。ひそかに隠れてお酒を飲んでいるようですが、孫の面倒を一番みているのがこの父親じゃないかなと思います。私はこの父親とは話しやすいです。それは私が父親がいないことが影響しているのかもしれませんが、特に抵抗もなく接しています。
私の彼はお酒を一切飲みません。中学時代は荒れてヤンキーでしたが、10代後半くらいからは「断酒会」という自助グループに参加し、体験談を話してきました。今では学校や病院でアルコール依存症について講話をすることもあり、体験談がニュースレターなどに記載されることもありました。しかし、10代中盤~20代前半にかけて女遊びが激しくヤンチャ時代の話を聞くと、びっくりすることがたくさんあります。

 

・彼の恋愛観
なぜこの記事を書こうと思ったのか。実は数日前に、彼が初めて胸の内を話してくれたからです。それは彼の恋愛観というか自分という存在についてです。以下は彼が話していた内容です↓

「小さい頃、父親が暴力をしだしたから、いつものように母親と姉と三人で車に乗って逃げた。でも、その途中に母親が「やっぱりあんた(彼)は戻って」と言われた。それって、俺がどうなってもいいってこと?って思った。で、理由を聞いたら「父親が一人になるから、かわいそうだから」って。俺が戻ったら殴られるじゃん、それでも戻れって母親が言うんだよ?だから自分は「犠牲」だと思っていた。母親の犠牲、姉の犠牲、父親の犠牲。朝起きたら、母と姉2人が(逃げて)いないこともあった。俺の人生、犠牲なんだなって。だから人との接し方がわからない。特に男性との接し方がわからない。自分の大切さがわからない」

どんな母親だよ!って怒りしかありませんでしたね、聞いたとき。だから彼の求める恋愛観ってとても少ないです。きれいでいろ、とか痩せてほしいとかそんなのありません。彼が求めているものは、「料理ができる、優しい、自分の安心して眠れる場であってほしい」これだけなんですね。どこか人に疲れているような、そんな感じです。
彼は、自分に自信がないから、いつか自分から離れるでしょ、って心のどこかで思っています。だから自分から離れようとする。傷つきたくなくて、関係が薄くなってきたら自分から振る。小さい時からずっと年上の母親と真逆の人が恋愛対象。自分が父親になることが想像しただけで怖い。子ども好きだけど子どもを持つのが怖い・・などなど。
両親の影響って怖いですよね。子どもってなにも悪くないのに、理由もなく大人の力で殴られるってどれほど怖かったんだろう・・って。沖縄の場合、ここまでいかなくてもアルコール依存症の人多いと思います。毎晩飲んでいる、とかいう人もいるし、パチンコ屋も多いし。そしてパチンコ屋に朝から入っていく女性の多い事。この人たちの家庭も、何らかの問題を抱えているんだろうなって思います。
よくないことに、沖縄って出生率日本一。だから多くの子どもたちが問題のある家庭で育っていて、だから様々な問題が起きているのもまた事実。個人的に出生率日本一って何がいいんだろうって感じています。そして未婚率も日本一。あれ・・ちょっとおかしいぞ。出生率も高いのに未婚率が日本で一番高いのです。それって、結局離婚者同士が結婚し子どもを産んでいるってことですよね。だからその家庭には父親違い、母親違いの子どもがいて、それも子どもが悩みを抱えてしまう原因の一つだと思います。
子どもが安心して生きていける環境を作っていく、そういう社会になってほしいなと思っているし、そのためには自分には何ができるかな、と日々考えています。こうしてブログに書くことで、誰かの参考になってほしいなという気持ちもあります。

 

 

正月早々ちょっと重い話ですね。
実はこの話には続きがあります。彼と恋愛観について話したあと、彼の母親に対する悪口(?)をめちゃくちゃ言ってしまいました~。もう我慢の限界でした。彼が休みの日でも仕事を言いつけたり、私と一緒にいるって知っているのに仕事の電話をしてきたり(しかも長電話なので最近は彼は電話を取りません)。「(自分の息子は)なんのとりえもないから、ほかの人と一緒になった方がAmiは幸せになれた」とか言ってきたり。別れてほしそうな言動が多々あって。おそらく、母親はいろんな人に依存しているんだろうなって思います。だから息子が私のもとに行ってしまうと気軽に物事を頼めなくなる、それが嫌だから引き離そうとするんだろうな~って。
自分の幸せって自分自身が決めるものです。それなのに、「〇〇君と一緒になった方がAmiは幸せになれたのに・・」と先日泣かれて言われた時には正直キレそうでした。そんな気持ちを彼に言ってしまいました。でも、彼は逆にちょっと喜んでました。(なんでだろう・・?)

 

アルコール依存症の親を持つ子どもは、傷つきながら生きています。大人は逃げることができるからいいけど、子どもってその出来事をダイレクトに受け止めて育っていくので、想像以上に傷ついています。そしてその傷はずっと癒えずに、大人になっています。もし、あなたの周りにこのような環境で育った人、あるいは周りにそんな家庭があって心配になっている場合は、まずは各機関に相談してみてください。

アルプスセンター
主に沖縄県内の方を対象にアルコールの問題でお困りの方、またその家族、関係者たちを支援する通所型の施設

セルフヘルプ支援センター沖縄 セルフヘルプ&リカバリー
同じ問題を持つ当事者同士が集まって「経験」「力」「希望」を分かち合う場所として活動しています

最後に。
アルコール依存症の家庭に育った方と恋愛・結婚をされている方。難しいですよね、大変ですよね。でも、あなたの愛情が相手にとっての救いになることもあります。周りに反対されている方もいるだろうし、今後どのように付き合っていいのかわからない方も多いと思います。私も「理想の付き合い、結婚観」があって、それがいつも邪魔をしていました。でも、彼との付き合いで思ったのは、「自分が変わること」だということです。相手の過去を否定せず、受け入れる。自分の理想を押し付けるのではなく、相手をまるごと理解する。それが恋愛なんだな、と。そういうことを気づかせてくれた彼には感謝しています。体験談を聞くとたまに引いてしまうこともありますが、それでも私の愛情で彼を満たせたらいいなと思っています。

 

一緒に乗り越えていきましょうね!
今年もよろしくお願いします。

スポンサーリンク

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です