全てを吐き出して前に進もう③

前回の続きです。

■直接会ってから決めよう

私が徹底的に気持ちが引いたのは、カリスマ女性と直接会ったときでした。
「会いに来ない奴は本気じゃない」と彼女は言っていたので、何としてでも会わなくちゃと思っていました。
すごい人には直接会った方がい良いとか、そんな話をよくしていたし、確かにネット上でのやり取りだけでは感じられないことがあるはず!

そういう小さな小さな希望をまだもっていました。
(あの頃は、自分の心の声との戦いだったような気がする・・・)

まずは会ってから、今後コンサルを続けるか決めよう。
そう決めました。

沖縄から会いに行くのに結構お金がかかったけど、何とか今後の人生を切り開きたかったので、これも必要経費だと自分に言い聞かせ会いに行きました。

 

そして、会ってすぐ感じたこと。

 

やっぱりダメだ。。。_| ̄|○

 

 

理由はただ一つ。
彼女にはコンサルをする気がないということを、すぐに感じたから。

今となっては怖いけど、私も心のどこかで彼女に埋めてほしい隙間があったのだと思います。
そのままでいい、あなたは大丈夫って言ってほしい気持ちがあったのです。
だって、動画で散々そういう話をしていたから。
これって起業以前の問題だけど、あの時は彼女に救われたい気持ちもあったと思います。

 

でも、憧れていたカリスマ女性は、ずーーーーーっとスマホをいじってるばかり。
ちゃんと会話したのも数分くらいじゃないかな?

「スマホに全然触らない」とかそんな話をしていたのを覚えていたので「やっぱり違う」と心の底から気づきました。

だから、カリスマ女性に会ったあの日は、ちゃんと笑えていなかったと思う。うん。
一緒にその場にいたコンサル生と過ごした時間の方が、何十倍も楽しかった。

コンサルは約3ヵ月あったのでその後のコンサルにも気持ちが向かず、いろんなことを検索していました。
このカリスマ女性に対する悪い評判がないこともあって、「私がおかしいのかな・・」と思っていましたね。
たくさんのメンタル的な本も読んだし、マインドコントロール系の本も読み漁りました。
コンサル中は、他の人の教えは見るな、聞くなと言われていたけど、その時に読んだ本の方が1000倍くらい役に立ちましたね。

こんなに相手に対して良いイメージがなかったなら、すぐに辞めればよかったじゃん!って思いますよね。
でも、私たちコンサル生はある魔の言葉で縛られていました。それは、

「コンサル生は家族」

カリスマ女性の「最後のコンサル生(=ファミリー)」になれた、という特権を手放すことに躊躇していました。

だってお金も払ったし。
すぐにカリスマ女性に相談できるし。
仲間もいるし。
そして何てったって、私はファミリーの一員だし!!

って。

まだ何も始めていなかったのに、「できる人と一緒にいる自分」を辞めたくなかったんだと思います。
だから彼女の枠から出ることが怖かったです。
と同時に、心はもう悲鳴をあげていました。

仕事を辞める決意表明をして、起業に本格的に向かう準備もしていました。
何をどうしたらいいかなって自分自身と向き合って、考えて、考えて。

 

だからコンサル期間が満期になったとき、今後、継続するかどうか悩みました。
最初は継続しようと無理やり気持ちを持っていきました。
こんなになっても、まだしがみつこうとしていたんですよね~、私。
いや~~~、怖いですよね。これが洗脳ってやつです。
「私ならまだやれる!」ってどこかでそう思っていたんだと思います。
いや、「思いたかった」んだと思います。

でも、しがみついたその数日後。
大後悔しました。

 

そして、その時は突然きました。

 

「今日コンサル辞めよう」

ふとそう思いました。もういいよね、って。

そして速攻でカリスマ女性に辞める旨の連絡をしました。
「了解」の連絡が来たとたん、心がス――――――ッとなりました。

ドッと疲れが押し寄せてきて、その日はずーっとボケ~っと空を見ていましたね。
「あぁ、空ってきれいだなぁ・・」なんて思いながら。笑
(えぇ、否定しません。私、心がすごく疲れておりました。)
心が本当に解放されたような、そんな気持ちになりました。

コンサルを辞めてから「会社で働けることがこんなに幸せで楽しかったんだ」と、普通に働ける幸せを改めて感じました。
辞めてからしばらくは、「自分は負け犬」と思っていましたが、今ではそんな言葉も出てこなくなりました。

 

辞めた当初は5%くらい後悔したけど(笑)、今では「あの時、どうしちゃってたんだろう、私」って思うくらい考え方や物の捉え方が変わりました。
それは、きっとその中でも学びがあったからだと思います。

 

(SPONSORED LINK)



 

■私がコンサルを受けて学んだこと

1つ目は、自分の心の弱さに気づけたことです。
自分に自信がなかったから、出会ったこともない人の言葉に踊らされ、結果後悔した。
でもそれは「私自身が選んだこと」なのです。
こういう記事を書くと、「私はメンタル弱いです、自分が選んだことでこんなに愚痴ってます」って周りに伝えることになるから、恥ずかしいなって思ってました。
でも、こういう経験をしたから今があるって思う日が来ると思っています。
これからますます情報を得ることは大事、と言われる時代になるでしょう。
しかし、今、このような経験をしたことで、言葉の裏側を見るクセがついたし、動画やブログを見てもその本心を見抜けるようになりました。
それと同時に、自分に足りなかったもの、弱い心があることを認められるようになりました。自分と向き合う時間を持つようにし、その結果、人と比べることがなくなりました。

2つ目は、止めてくれた彼氏の大切さに気付けたことです。
彼に「Ami、ハッキリ言ってカモられてるよ」って言われました。
「私の一生懸命を・・カモだって?」って、最初はイライラしたんです。
「何がわかるんだーーーーっ!!」と思いました。笑
だけど、その言葉で点と点が線になったのです。
一番聞きたくなかった言葉を言われました。ハッキリと。
恥ずかしいと思いました。
でも、これを丸ごと受け止めようって決めました。
そして気づきました。
私は赤の他人の言葉を信じていたんだなって。
ずっと側にいてくれた人の言葉より、赤の他人の言葉を信じていたんだなって。

そこで「やっぱりそうだよね・・」と目が覚めました。
大切な人を犠牲にして、起業したいわけじゃない。
大切な人を自分の踏み台にして、自分だけが儲かりたいわけじゃない。
友達を巻き込んでまで、やりたいものじゃない。
コンサルを辞めることの怖さより、大切な周りの人たちを失うことの方がはるかに怖い。
私の【大切なもの】と、カリスマ女性の【大切なもの】がイコールだったわけではないことに、ようやく気づけたのが彼の言葉でした。

私が大切なのはお金じゃない。人だ。
生き方に勝ち負けはない。最後は人だって。

かなりお金をはたいて気づいたのは、こんな根本的なことでした。
そしてそれに気づかせてくれた彼に、心から感謝しました。

 

3つ目に、カリスマ女性が私に与えてくれたものにも、(一応)感謝できるようになりました。
これは学びではないかもしれませんが、人をその気にさせるテクニックだけはかなり学べました。まぁ、使えませんけど。

あと、彼女から学んだお菓子作りのテクニックは一生もんだと思っているし、食の大切さにも気づけました。
(その後、彼女が起業する以前に発刊された、とあるパティシエの本から、彼女と全く同じレシピを見つけてしまい、やっぱりな・・とは思いましたが。)
自分の弱い部分を彼女で埋めていたことにも気づけたので、自信を持つことの大切さに気が付きました。

そしてなにより、ネット上の言葉に全くなびくことがなくなりました!!!笑

 

どんなに努力しても、できないことってあります。
「できないのは自分が悪い」って、自分を攻撃することは簡単だけど、少しそこで立ち止まってみてほしいのです。

それって本当に努力だけでクリアできること?
自分の目標を達成するために、犠牲になるものは何?
あなたが起業に向けて、【一番大切にしたいこと】ってなに?
お金?仕事の内容?それとも関わる人??
起業して、何をどうしたいの?
あなたが【一番大切にしたいこと】、そのコンサルタントは本当に十分理解している?

 

この黒歴史は、封印しようと思っていました。
だって言ったら「こいつ馬鹿だ~~」って言われるかもしれない。
それがとても怖かったし恥ずかしかった。
でも今なら言えます。

「はい、私は馬鹿でした」笑

今はコンサルから離れて半年以上経っていることもあり、あの時のことを何とも思わなくなりましたけどね。

(SPONSORED LINK)



 

■もしもあなたがコンサルタントを探すのなら

もしもコンサルタントを探すなら、自分の目的にあったコンサルタントを探すことです。
お金を最優先したい人はお金儲けのコンサルを、人を大事にしたい人は対人を専門としているコンサルを。
そうじゃないと、私のようにコンサルタントの「やりたいこと」に巻き込まれてしまいます。
良いカモになっていくだけです。
お金と時間がもったいないです、本当に。

今後、コンサルを受ける予定がある方。
コンサルタントの得意、不得意などをきちんと見極めてください。
相手のことをきちんと調べることはもちろん、自分は何のためにコンサルを受けるのかしっかりと明確な目標をもつことが大事です。
コンサルを受けるのは、自分の嫌な部分との戦いでもあります。
本気じゃないと、結構厳しい。
言葉巧みにホイホイいかないことです。
例え信頼できるコンサルタントに何かを勧められても、自分にとって本当にこれが今後大切なのか、十分考えてから答えを出してください。
残念ながら、コンサルタントの中にはあなたの「お金」だけを目的にしている人もいます。
それを見極める目を養いましょう。
あなたのことを「釣る」ために、いろんな形で発信している人、ワンサカいますので。

ネット上にはありとあらゆるウソと真実が転がっています。そして広がっていきます。
ウソをあたかも真実のように言う人だって、うじゃうじゃいるのです。

どんな情報を信じるのかは、あなた次第です。
ネットで人を探すとき、「この人は何でこんなことを発言しているんだろう?」と、言葉の裏を考えるクセを付けてください。
言葉に踊らされないこと。
言葉をそのまま受け止めないこと。すごく大事です。

そしてできれば、コンサルを依頼する前に直接会うことをおススメします。
いくらネット上で相性がよくても、会ってダメだったなんて悲しすぎます。

もしも「この人にコンサルお願いしようかな・・」と思えた人に出会えた時。
その人がどんな人と関わっているのか、きちんと調べてください。

徹底的に。

あなたは大金を払って人生を賭けようとしています。
それなら、相手のことをこれでもかってくらい調べることは非常に重要なことです。
このコンサルはどんな事業をしているのか。
どのくらい実績があるのか。
どういった分野が強いコンサルタントなのか。
自分のために、真剣に調べてくださいね。

 

最後に。
この記事を書くにあたって、実はいくつかのブログが私の支えになっていました。

Flat9 ~マダムユキの部屋

信者と書いてカモ

「信者と書いてカモ」は自分に対する気づきもあって、非常に参考になりました。
また、「Flat9~マダムユキの部屋」さんのブログ記事は、痛快すぎて笑えます。子宮系女子ってなんだ?!って。
どちらのブロブでも、私がコンサルを受けたカリスマ女性とも重なる部分があって、反省したり笑ったりでした。
この2つのブログも、ぜひ参考にしてみてくださいね。
(勝手にリンク張っちゃいました!しかもインスタでも子宮系女子って検索しちゃいました!笑)

 

この記事にたどり着いた人の中には、私と同じような経験をした人もいるでしょう。
あなたに忠告したり叱ってくれた友人・家族もいたのでは?

あなたのことを大切に想うからこそ、止めたり、叱ってくれたのです。
あなたの良いところも、悪いところも知っているから、忠告してくれたんです。
他の人にはプラスになったものが、あなたや私にはプラスではなかった。
ただそれだけです。
ここで気づけて良かったですね。
じゃないとまたどんどんお金をつぎ込んで、大切な人を傷つけてしまったかもしれません。
平気で友人を巻き込んだかもしれません。
お金で繋がった友情は、本当に薄っぺらいです。
それに気づけただけでも、成長!!
私はそう思っています^^

あなたのことを遠くから見守って待っていてくれた人たちも、頑張っていたんですよ。
そんな存在を、大切にね。

「やってしまった・・」と落ち込んでいる方。
このブログを読んでもわかるように、私も散々でした。笑
最後は、必死にしがみつくことだけが目標になっていたんじゃないかなってくらいです。
ここに書いていないこともたくさんたくさんあります。
ただ、「訴えてやる!」と思って、このブログを書こうと思ったわけではありません。

これからどんどんネット社会になり、私のような世代の人たちが、副業としてネットを使ったビジネスを展開していくと思います。
その時に、私のような経験が誰かの参考になればいいなと思い書き残すことにしました。

あなただけじゃない。って。

それを伝えたかった。
だからカリスマ女性のことを訴える、とかそんな気持ちは全くないです。(いつか彼女は訴えられると思うので)
というか、もう一生関わることはないし、関わりたくないです、はい。笑

ただ、

 

お金は返してほしい、マジで。(切実)
本当、勘弁~~~!!!

コンサルって形ないものだから、訴えるのも難しいことも学びましたね、うん。

 

この記事をもって、私のコンサル体験記は終了します。
自分にとって長くて濃い疲れた1年でした。笑

これからはいつものように、ふわ~~っとしたダラダラ日記のような記事に戻ります。
(コンサル受けたんだからそこは頑張れよ、なんて言わないでください。笑)

長々とお読みいただき、ありがとうございました。

この記事に出会ったみなさんが、これからの人生を笑顔で楽しく過ごせますように。

沖縄から愛を込めて。

(終わり)

スポンサーリンク

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です