スカウトされたけど悩む日々

休みの日も仕事の延長みたいなことをやっています。
もう嫌だ~~~、と思いつつ、また新たな冊子の担当になってしまいました。

こんにちは、Amiです。
本を作るのはもう二度とやりたくないと思っているのに、仕事で再び冊子を作ることになりました。
いつもいつも、なぜか私が担当になる。。
あ~~~、ヤダヤダ。

 

この一週間、なぜか仕事のスカウトが2件もあった。
1つは大きな機関から。でも1年。
2つ目は、フリーの仕事with日系人。

ん~~~・・どっちも良い話なのだけど、今は学校に通おうか迷い中なので、返答を考える・・

 

考えている時に、ふと思い出したことがある。

前に、職場の近くに突如「占い」という看板が掲げられた場所が出現したことがあった。
見るからにあやしい雰囲気で、2畳くらいの小さな小屋。

その頃、よくつるんでいた友人がめちゃくちゃ占いが好きで、いろんな所に付き合わされていた私。
その話をしたら、ぜひ行ってみたいと言うので案内。

中に入ると、怪しそうなおじさんが一人。
私はいつもやらずに隣で座っているだけで、その日も座っていたんだけど。
そのおじさんが急に私を見て、「最近、人が亡くなった場所に行ったでしょ?」と言うのでびっくりした。
言われた通りで、数日前、仕事場で遺体が見つかったばかりだったのです。
しかも遺体が見つかった日から、私の首にミミズ腫れみたいなのが出始め、首一周真っ赤に腫れたんです(汗
その後、遺体が自殺者だったことも分かったから、職場の人が私の首を見ては怖がっていました。

話を戻して。
その占い師は、「その人は自殺だったでしょ?あなたの首にはその痕が出てるよね。あなたがの場所に行った時、霊があなたの体を通り抜けた。でも、心配はない。」と言われ、えーーーーーー!ってなった。
だって、首はハイネックで隠してたのに。
そしてその占い師は「あなたには使命があるんだよね。もし、何もかもうまくいかなくなったらまたおいで。使命を教えてあげる」って言われたんだけど、あれから一週間後くらいにその占いの小屋は無くなってたんだよね。

ふと、なぜかそのことを思い出した。そしてもう一つ。

仕事のスカウトが入る数日前、彼のお母さんから電話があった。
彼がケガでもしたのかな?と思って慌ててとったら、「最近、Amiがとっても遠く感じててさ、思わず電話してしまったよ」とのこと。

彼に、結婚したくないとか子どもはほしくないと言われてから、彼に会いに行くのが減った。←わかりやすい私。笑
それを察知したんだろうなと思うんだけど、私の周りにはこういう勘が強い?人が多くて、たまに怖い。笑
全部、当てられる。

なので、素直に話してみた。
で、後日、彼の母親とゆっくり会って話すことになった。

 

なぜか、いろいろなスピリチュアル体験?を一気に思い出した。笑

 

最近は本も読んでいるのに、なかなかレビューできてないな~。
時間を見つけて、やらなくちゃ!!

 

という、くだらない近況報告でした。

スポンサーリンク

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です