【オススメ本紹介】「諦める力」を読んで自分のことを改めて考え直した話

お久しぶりです、Amiです。
日本各地でいろいろな自然災害があって、毎日テレビを見ては気になっています。
みなさんのお住いの地域は大丈夫でしょうか?
被害が広がらないことを願っております。

さて、今日はおススメ本についてです。
タイトルにもある「諦める力」という本をご紹介します。

 

以前、「全てを吐き出して前に進もう」という記事を書きました。
youtubeで知ったカリスマ女性にハマり、起業するために彼女のコンサルを受けた、というお話です。
彼女の教えや考え方に疑問を持ち、結果、私はコンサルを辞めました。
その辞める前に読んでいた本として、以前「群れない」という本を紹介させていただきました。(詳しくはコチラに記事があります。)
同じ時期、あともう一冊読んでいた本があります。

それが今日ご紹介するこの本、「諦める力」です。

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉

 

コンサルを辞めようか悩んでいたものの、なかなかその一歩が踏み出せなかった私は、このタイトルに惹かれて読んでみました。

この本が伝えていることは、「夢を叶えるために手段を変えた」ということです。
為末大さんはオリンピックにも出場した選手です。彼は陸上で数々のメダルを獲った人物なので、知っている人も多いと思います。
そんな彼が、どうして「諦める力」なんて本を書いたんだろう?と、最初は疑問でした。
私たちから見ると、オリンピックに出るなんて夢のまた夢・・。
そんな人が何を諦める?
最初はそんな風に思いつつ読んでいました。

「勝ち」たかった為末さんは、自分の得意とするものではなく、「勝てそうな競技にシフトチェンジした」ことで、勝ちに繋がった。
つまり、自分の一番やりたかったことを諦めて、シフトチェンジした結果、夢が叶った、ということでした。
私は最初、夢を完全に諦めることが書かれているのかな?と思っていました。
でも、自分が勝ちそうな、自分の力が出せそうな(活かせそうな)ものを見極めて、そこに向かったことでいい結果を得たという事はとても納得がいくことでした。
この本のタイトルに、「勝てないのは努力が足りないからじゃない」と書かれていますよね。
社会に出て、いろいろな人と関わって思うことは、「努力しても、どうしてもできないこともある」ということです。
できるまで頑張る、頑張る、頑張る、、、の結果、

自分ってできない人だ
何で〇〇さんはできてるのに、私はできないんだろう
でも夢を叶えたいから頑張ろう

って、無理をしている人、結構いると思うのです。
私もその一人でした。

弱音を吐くと、周りの人たちは

「ここまで頑張ったんだからいい結果につながるよ、だから頑張れ、諦めないで」

と、応援してくれました。
でも、それが苦痛で仕方ありませんでした。
憧れのコンサルの先生と関われるようになったのに、それがどんどん苦痛になっていき、もう二度と関わりたくないと思うようになりました。
自分の中の限界でした。
でも、周囲は励ますばかり。

心と体がついていけなくなり、「群れない」という本と、この本を手に取りました。

夢を叶えた友人たちが羨ましくて仕方なかったです。
信じれば叶う、とか、努力は裏切らない、とか、いろいろポジティブな言葉が重くて仕方なかったです。

でも、この本を読んで「努力だけではできないこともやっぱりあるよな~」と気が楽になりました。
そして、改めて「自分自身の強みは何か」を考えるようになりました。
考えた末に出した答えが、「コンサルの先生とは関わらない」ということでしたね。
私のフィールドはここではないな、と。
目的を達成するために、このコンサルは辞めた方がいいな、と。

「諦める力」という本の中で、コンサルを辞める原動力になった箇所があります。
それをご紹介。

置かれた環境にあまりにも順応してしまうと、何かをやめたり諦めたりする選択がしにくくなる。自分の今ある状況にあまりにもいろいろな人が絡みすぎていると、諦めるという決断力が鈍る。

そういうときには、そこから一度離れてみるといい。別の環境を求めて移動し、新しい関係性のなかに身を置いてみると考えが変わるかもしれない。住む場所を変えたり、人間関係を変えたり、行動パターンや習慣を変えてみるのもいいかもしれない。

このままいくか、やめるか、変えるかといった転機において、いったん環境を変えてできるだけ白紙状態の自分と向き合ってみるのだ。

「こんなことをしたらあの人に迷惑がかかる」

「みんなからこんなふうに思われるのではないか」

そんな気持ちを振り切るために、情報を遮断する意味もある。(中略)

僕は、決断を引き延ばすことと、周囲との関係を断ち切れないことは関係していると思っている。ある意味で、諦めることは周囲との関係性をいったん断ち切ることにほかならないからだ。

― 第2章 やめることについて考えてみよう より

 

もしも今、何もかもうまくいかなかったり、前を向けない・・と悩んでいる人がいたら、この本はぜひ読んでほしいです。
私のように、あまり気持ちが乗らないことをやっていて、辞められない人にもおススメです。
合わせて、夢を追い続けているけど疲れちゃった人にもすごくおススメ。

方向転換してみたら?

と言われているようでドキドキするのだけど、こういう意見や気づきも大事だと思いました。
この本も、背中を押してくれた一冊なので私にとって大切な本です。
図書館や書店で見かけた時には、ぜひ手にとってチラッと読んでみてくださいね。

自分が楽に戦えるフィールドを探すって、とても大切なことだと思います。

 

 

スポンサーリンク

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です