コンサルを辞める決心をさせてくれた本

こんにちは、Amiです。

私の黒歴史だったコンサル体験記を書いたあと、そういえば・・・とふと思い出したことがあります。
実は、コンサルに「ん?」と思い始めたころから毎日読書していました。
(違う人の考えは頭に入れるな、と言われていたのに読み漁ってました・・。笑)

その中でも以前紹介した、塚本亮さんの「群れない。」という本。
久しぶりにめくってみました。

群れない。 ケンブリッジで学んだ成功をつかむ世界共通の方法

 

 

以前、このブログでも紹介したのですが今日そのページを見ると何と非表示になっているではありませんかっ|д゚)!
ショ――――ック!!
え、何でっ?!?

直し方がわからないので、リンクも貼れず。
いつか直します、いつか。

(スポンサードリンク)



はい!
ということで。
この本は、私がコンサルを受けている時に読んでとても響いた本です。
一つ一つのタイトルに対し、文章が少なくて読みやすいです。というか、読んでいて疲れませんっ!!
コンサルに疲れていた私は、一時期この本をお守り代わりに毎日持ち歩いていました。
タイトルだけでもとても良いので、書きだしてみます。
長いので、PCで見ることをおススメします♡

序章 どうしてキミは、そこまでつながりたがるのか?
01 SNSなんて「自己満足」だ
02 誰だって自分中心だ
03 他人への期待を手放せ
04 大したことない存在?別にそれでいいじゃないか
05 失敗したときのキミの味方は誰だ?

第1章 群れてばかりでは、本当の自分は見えない
06 「きずな」という言葉に踊らされるな
07 成長のチャンスはどこにある?
08 嫌われようが気にするな
09 「当たり前」から人生を取り戻せ
10 所有をやめる
11 ひとりの時間が未来を決める
12 腐った枝は大木をも揺るがす
13 参加するコミュニティは選べ
14 群れないから見えてくるもの

第2章 群れない生き方のすすめ
15 思ったことは口にしろ
16 弱いキミに、今できること
17 「いい子」なんて所詮幻想でしかない
18 自分の強みにフォーカスしろ
19 つき合わない相手を明確にしろ
20 「疑う力」に磨きをかけろ
21 チャンスがいつ来るかわかるか?
22 準備をじっくりするな
23 そのノーサインはキミのゴーサインだ
24 とにかく旅に出ろ

第3章 不安や寂しさはこうして乗り越える
25 迷ったら、とにかく素直になれ
26 キミの本音はA4用紙一枚でわかる
27 もうひとりの自分に話しかける
28 子どもの頃の自分と対峙しろ
29 強くするなら心より身体だ
30 安易に正解を求めない
31 自分を見失ったら自然に迎え
32 どうにもならない?それなら思いっきり泣け
33 多くの価値観に触れろ
34 弱さを人に語れるか?
35 死を意識する

第4章 生きるのが楽しくてたまらなくなる
36 キミのなかの「バカ」を呼び覚ませ
37 キミに夢中になれるものがない理由
38 やりたいことはこうすれば見つかる
39 経験と失敗をネタにしろ
40 「気が合わないかも・・」そう思う人にこそ近づけ
41 「無常」に戦いを挑め
42 自分という看板で仕事をしろ
43 五感を使って生きろ
44 つねにスポンジを絞れ
45 今を生きろ

タイトルだけでも「ほえ~~~」ってなるでしょ?

当時、コンサルに悩んでいた私がこの本を書店で見つけ、「群れない。」というタイトルに目が引き即購入。
付箋を付けていた箇所があって、それがあの時の苦しさを物語っています。

付箋を付けていた箇所、線を引いていた一文をご紹介します。一部、要約した文章もあります。

・苦手なことに手を出すな。苦手なことに注力すれば、その分、得意なことにエネルギーが割けなくなるから。
・集団の中では「それはおかしい」と思っていてもそう言わない。なぜなら、学校でも仕事でも、自分を押し殺していた方が楽だから。
・大事なことは、言うまでもなく、ゆであがる前に"飛び出す勇気"を持つことだ。
・とにかく鍋から飛び出すことを僕は勧める。飛び出せば見える大事なものが、そこにはたくさんあるからだ。
・他人の本心は最後までわからない
・世の中なんて当てにならないと思った方がいい。そんな当てにならない世界にあって、人はふたつのタイプにわかれる。ひとつは強く生きていけるタイプ、もうひとつは世の中に振り回され続けるタイプだ。
・誰かに依存して生きるのではなく、誰かに必要とされるくらい「強み」を磨く。
・キミが今、欠点だと感じていることですら、本当はキミの長所なのかもしれないのだ。
・誰もがイエスというものを疑う
・人は思い悩んだりすると、自分だけが取り残されたと感じる生き物である。だけど、そういう時こそ「弱さ」を語るべきだ。弱さを語れるようになれば、キミにはやがて真の理解者が現れるだろう。
・もしキミが、人生を思い通りに生きたいなら、今すぐ「やらないこと」を明確にするべきだ。つまり、やりたくないことを無理してやるという習慣を消し去るのだ。
・僕は興味が持てる仕事しかやらなかった。たとえ報酬がよくても気分が乗らない仕事は引き受けない。そういう仕事は誰も幸せにしないと思った。
・結局、違いという「個性」をつくるのは、キミが何を経験し、いかに失敗をしてきたかによるのだ。それはキミだけの強みにもなる。

私のコンサル体験記(その、その、その)を読んだ人なら、スッと理解できるはずです。

この本では、A4の紙に本音を書くというものがありました。

ただ書きだすのではなく、「それをもしやらなかったらどうなるのか」、「結局のところ、その先どうなる?」ということも書いてみる、とあったので、あの当時すごく悩んでいたこともあって、やってみたのです。

恥ずかしいですが、あの当時書いたことをシェアします。

コンサル、続ける?

→もし続けたらどうなる?
辛い、ビットコイン買わないといけなくなる、先生に巻き込まれる、コンサルしてもらえるのかも不明、振り回される

⇒結局のところ、その先どうなる?
儲かる保証は一切ない、その後が見えない、ビットコインの勉強しないといけなくなる、超縦社会の一員になる

こう書いてハッとした当時の私。
コンサル体験記③では「コンサル辞めよう。ふとそう思った。」と書きましたが、あれはこの本を読んだ直後に思ったのでした!
辞めた後も、この本には気持ち的にずいぶん助けられました。
いつも目に入るところに置いていて、読みやすいのでちょこちょこ読んだりしています。

外国の友人が多いと、いろいろないい刺激を受けます。
彼らは全く群れないし、日本人のように周囲の顔色なんてうかがいません。
自分は自分、他人は他人。

あの時書いたA4用紙を改めてみてみると、本当に辞める前はいろいろ考えていたなと思います。
自分に立ち止まってしまったとき、この本はおススメです^^

そして今現在、群れていることに悩んでいる人・疲れている人、読んでみてください。
いろいろな気づきがあるはずです。

間違ってもYouTubeはダメです。
動画は、ウソがたくさんです。
私がコンサルを受けたカリスマ女性は「本より動画を見ろ」と言っていましたが、私はその反対をいきました。
でもそれが結果的に自分を救うことに繋がりました。
YouTubeは再生回数でお金がもらえる世界なので、参考にする際には気を付けてください。

今、悩んでいる方。
しっかりと自分の足元をみるためにも、群れずに自分一人で過ごす時間をもってみてください。
これまでの経験を思い返し、進む道を決めてください。

あなたは決して一人ではないです。
あなたが悩む以前に、今のあなたと同じ悩み・不安を持った人がたくさんいました。
ぜひ、彼らの経験を参考にしてみてください。
そこからきっと、解決策がみえてくるはずです^^

梅雨が終わったであろう沖縄から、愛を込めて💛

スポンサーリンク

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です