アダルトチルドレンとの恋愛

こんにちは、Amiです。

いつもお越しくださり、ありがとうございます^^

 

2018年、どんなスタートを切っていますか?沖縄は新年からとってもいい天気が続き、気温も例年より高いのでとても気持ちの良い新年を迎えています。

 

そんな天気とは裏腹に、私にとってとても重い悩みができました。それは彼と結婚するか、それとも別れるか、ということです。まさか新年からこんな濃いことを考えなくちゃいけないなんて、、と思いつつ、でも気持ちを落ち着けるためにブログにしたためておこうと思いました。

 

私たちは5年も付き合ってきたのに、結婚の話はお互いに避けてきました。彼の家庭の事情があまりにも悪すぎたこともあって、それに不安があったからです。ただ、会話の中で結婚とか子どもの話とかをチラリとするくらいで、いずれはするんだろうな~くらいに考えていました。その間にも、「アダルトチルドレンとの恋愛」だの「アダルトチルドレン 結婚」とかって検索をかけたりして、自分なりに彼の気持ちを学んできました。そうそう、彼のようなアルコール依存症を親に持った子のことを「アダルトチルドレン」というらしい。こんな言葉とか、付き合うまではさっぱりわからなかった。

 

一つのケンカに一喜一憂したりして、それでもお互いに向き合ってこれまで続いてきました。でもね、つい2日前についに「結婚」の話になりました。ただ、それがハッピー!という感じではなくて、むしろとても悲しい話で。彼は親から受けた虐待とか嫌な言葉によって、結婚に全く夢が持てないこと、父親の愛情がわからないので父親になることが不安なこと、子どもを持つことが考えられない、とかそんな話でした。子どもがほしい私にとって、大きな重い選択をしなきゃいけないのです。子どもを諦め彼と結婚するか、それとも彼と別れて新たな出会いに期待するか。この話をしている途中で大泣きしてしまって、もう話ができなくなり私の方から「帰ろう」って言って切り上げました。その後、彼からメールが来たんだけど返す気力がなく、そのまんまです。

 

アダルトチルドレンが心に抱える闇って、こんなに重かったんだと驚きました。というか、彼の両親を心から憎んだ夜だった。「離婚できないのはあんたたちがいるからだ」とか、そんなことを親に言われて育ったなんて、ヒドすぎる。彼が子どもが欲しくないのは、私と彼が別れるとかそんな話になった時に、子どもが自分のように犠牲になるのは避けたい、とかそんなことを話していたっけ。そうそう、アダルトチルドレンの特徴なんだと思うんだけど、始まる前から終わりを見るんだよね。付き合ったときもそうだったんだけど、「次に付き合う人は、こんな人を選んだらいいよ」って言われて大泣きしたことがあったっけ。アダルトチルドレンは愛情をあまり受けてこなかったから、「どうせいつか捨てるんでしょ」みたいな感覚があるらしい。だから彼の恋愛は今まで数ヵ月単位。ものすごく荒れているときは7股してたんだとか。それは誰かにフラれても誰かはいる、みたいな。常に彼女がいる状態だけど長くて一人につき3ヵ月。そんな話を聞いたとき「う~~~ん」となってしまいました。まぁ、若くてものすごくやんちゃしていたみたいだからね。私とは別世界の人すぎて、何で私と付き合おうと思ったんだろう?と不思議で仕方なかったです。

 

今まで彼の心にくすぶっている種みたいなのがあるのはなんとな~く知っていたのだけど、親からこう言われていた、とかそんな話は初めて聞いて、ショックが大きくて。彼の親にカウンセリングを受けてほしいなとずっと思っていたのだけど、機会があるときにちょっと真剣に話してみたいと思います。彼の家族は「断酒会(だんしゅかい)」というアルコール依存症の人・家族が通う自助グループに加入しているんだけど、そこだけではダメだ・・と痛感。断酒会では自分の体験などを話すのですが、それだけでは治療にはならないなと。きちんとプロの力を借りて、子ども時代のトラウマと向き合わないと生きづらさは変わらないんじゃないかなと思いました。彼の親に何とか伝えたいけど、どうしよう。

 

いろんなことを考えすぎて、頭がずーっとぐるぐる。私はただ「結婚」「出産」がしたいのか、それとも「彼と」したいのか。彼としたいと思ってきたんだけど、彼のリアルな話を聞いてからは頭がごっちゃごちゃ。年を重ねての結婚っていろいろあって大変だね。あ、私だけかな。じっくり時間をかけて考えたいと思います。生きていくって、時に大変だ。

スポンサーリンク

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です